小規模企業向けのクラウド型システム

FVCプランナー Enterprise Resource Planning





財務会計

財務会計のイメージ

財務会計では、販売管理や購買管理から自動的に会計仕訳データが作成されます。 そのため、財務会計伝票を入力することはほとんどありません。 複式簿記による専門知識が不要となるために、管理の敷居が低く、 導入しやすくなります。

もちろん、直接会計仕訳データを入力することも可能なため、 あらゆる業種の複雑な業務要件に対応することができます。

会計仕訳データは、一覧形式でダウンロードすることが可能で、 別システムとのファイル連携や表計算ソフトによる確認や管理が可能となります。


財務会計では、財務諸表の作成をサポートしています。 勘定科目別の残高を集計することが可能で、損益計算書や貸借対照表の元ネタが 作成できます。

内部統制への対応も取れています。一度作成した仕訳データの 金額などを後から変更することや取り消すことはできません。 このため、不正なデータ改ざんなどが行えない環境を提供しています。

また、会計期間も管理されますので、過去日付の会計転記を防止したり、 不正データの作成を制御することができています。



財務諸表作成機能

導入をお考えの方へ