小規模企業のクラウド型ERP導入ポイント

FVCプランナー Enterprise Resource Planning





中小企業・小規模事業者がクラウドERPを導入する際に考えるべきポイント

執筆者 黒川貴弘 黒川 貴弘
合同会社フロントビジョンコンサルティング 業務執行役員
神奈川大学非常勤講師、千葉商科大学非常勤講師、LEC東京リーガルマインド講師
中小企業診断士

中小企業や小規模事業者でもERP(基幹業務管理)の導入を検討することが多くなってきました。


システム導入のポイント

一昔前は大企業のものとして考えられてきたERPですが、 クラウドコンピューティングの進展によって、導入コストや維持コストが大幅に削減できるようになり、 中小企業や小規模事業者に見合いやすくなったことが大きな要因です。


そこで規模の小さい法人で導入する際に検討すべき事項や目的をどう考えればいいかをまとめます。


大企業が検討すべき内容とは違った中小企業独自の観点が必要となるので 改めて考える必要があるのです。



1.業務改革の推進(BPR:Business Process Re-engineering)

非効率な業務を効率的にすることで残業の防止、 生産性を高め重要業務に集中できるメリットが生まれます。


そのために、ITが持っている可能性を業務に当てはめて実践していくことで 業務改革のきっかけとすることができます。


例えば営業活動で見ていきます。


見込顧客の管理や既存顧客のデータが簡単に見れることによって、 どの顧客に回るべきか、どんなパターンで提案すれば受注に結び付きやすいかなど 分析することが可能です。


そうすると今日訪問すべき得意先がどこなのか、 訪問した際に何をすればいいのかが判断付くようになります。


時間対効果を高めた営業活動が可能になります。


また、クラウドを前提とすることで、 販売情報の入力を外出先からスマートフォンで行うことができます。


わざわざ会社に戻ってきてパソコンに入力しないでも、 外出先でできてしまえば直行直帰がしやすくなりますし、 子育て中などで在宅での仕事もしやすくなり、働き方を柔軟にすることができます。


2.データの見える化が進む


ERPは、会計や販売、購買、在庫など複数業務を1つのシステムで管理します。


売りの情報も買いの情報も同時に見ることができるんです。


またそれらをプロジェクト単位でまとめることもできます。


このように、1つのシステム内での管理項目・データが多いので、 見たいときに見たいデータが見れるということになります。


例えば、案件ごとに損益が進捗途中でも見れるようになります。


受注金額だけは把握できているが、発生している原価や細かい経費でいくら使ったかがわからないといったケースはよくあると思います。


ERPを導入すれば細かいコストまで一元管理しているために、 収益に対しての費用がわかるので、利益が明確になります。


それが案件の進捗途中で随時把握できるんです。


これがプロジェクトメンバー全員で共有できるので1人1人が利益に責任を持つようになり、 チーム活性化にもつながるでしょう。


3.リアルタイム経営


今時点の会社全体の情報が把握できるようになります。


経営者が意思決定をする上での最大のメリットとなるでしょう。


現時点での銀行残高の合計はいくらあるのか?と思い立ったときに、 複数銀行の通帳を見比べても時間かかりますし、記帳してなければ最新の金額情報もわかりません。


ERPなら自動会計転記によって、支払った情報、入金された情報が統合管理されているため、 銀行の会計勘定科目の金額を見ることですぐに正確な値がわかります。


今日の朝に発売した新商品の売上もすぐに把握できます。


顧問税理士に財務諸表を作ってもらわなくても、財務会計の情報がクリック1つで見ることができるんです。


環境変化の早く厳しい時代だからこそ、スピードは重要です。


競争環境に打ち勝つためにもリアルタイム経営は大きなメリットとなります。


4.内部統制(IT統制管理)


企業の不祥事が目立つ時代です。


そもそもの不祥事が起こせないように制御することもシステムとして必要な要素です。


また意図的な要因だけでなく、ミスやデータ不整合などの発生から不正な状態になってしまうことも防がないといけません。


このために、統制を考えたシステムの導入が必須となります。


ただし、システムによっては統制をとるための制御が不十分なものも多く存在します。


特に安さを売りにしたパッケージソフトやクラウドサービスには注意すべきです。


信頼性の高いシステムの導入から、企業の信頼を作り出すことを考えるべきとなります。


以上のような検討事項・導入効果を想定し、クラウドERPの導入を進めるといいです。






関連記事

無料ツール紹介。中小企業・小規模事業者のクラウドERP導入前確認

FITGAPツールのイメージ図

事前検証に活用できる無料のツールをご紹介します。

中小企業・小規模事業者ができる簡単なシステム導入・IT導入の効果測定のやり方

システム導入の効果測定のやり方

投資対効果がプラスになるかどうか、事前事後での測定方法をアドバイスします。

会計ソフトを選ぶならERPソフトにした方がいい理由

会計システムとERPシステムの比較

会計ソフトの導入に、ちょっと待った!をかけます。

中小企業によるIT投資の効果を独自に考察します

IT投資効果は本当にでるか

中小企業がIT投資をして効果がでるのか?公共の分析結果に基づいて検証します。

中小企業が導入しやすい業務管理系システムの種類

中小企業が導入しやすい業務管理系システムの種類

中小企業が導入しやすい業務管理システムはたくさんの種類があります。その違いをご紹介。

これからはERPが中小企業で当たり前に使われるようになる

これからはERPが中小企業で当たり前に使われるようになる

ERPは敷居が高い、大企業だけのモノ・・・そんなことはありません。

売上拡大のためにERPを選択すべき

長期的に売り上げを伸ばしたいならERPが最適

売上アップの機会を取りこぼさないための基本的な考え方とERPの関係について説明します。

導入をお考えの方へ