財務レバレッジ

FVCプランナー Enterprise Resource Planning





財務会計 財務諸表から読み取ろう!(3)キャッシュフロー計算書③

執筆者 森田昇 あさみコンサルティング 代表  森田 昇
中小企業診断士、情報セキュリティスペシャリスト。
長年のシステムエンジニアとしてのITキャリアと、数多くの転職経験を強みに
IT経営・人事コンサルティング業務や研修講師独立。
趣味はプロレス、競馬、AKBグループの生観戦。

1.超優良企業になりましょう

キャッシュフロー

はい!
「IT目線で企業改革」を標榜する中小企業診断士、みーんなのハートを(とっちゃうとっちゃう)・森田昇です。はい、ゆいゆいです。チーム8の主力にして我らが東京代表、51位にランクインした注目の成長株なメンバーですね。

2万年に一人の美少女、とかいう一部のネーミングはアレですが、いやもう可愛らしく成長しました。
最初の頃は垢抜けてなくて、「これが1,000万人都市である東京の代表か・・・」と一部からアレでしたが、今はもう「これが1,000万人都市である東京の代表だ!」と誇らしげに。まだまだ若い、というより幼い年齢なので、このまま順調に経験値を積み上げていって益々美しくなってほしいですよね。

チーム8のようなチームとしてしっかり機能しているところって、一昔前の箱押しチーム押しを思い出して応援し甲斐がありますよねぇ。
ガチ恋口上もそりゃ言いたくなりますよ、えぇ。

やはりですね、48も46もアイドル集団なのですから、ユニット押しチーム押し箱押しグループ押しをしたくなるのですよ。
一人単体ではなく複数人の集まりを応援する、です。

野球の球団を応援するようなものですね。
あまりにチームが弱いと個人成績にしか興味がなくなるところも、野球の球団やサッカーチーム、プロレス団体と似ているところがあるのかもしれません。
分野は異なれ企業組織にとっても、群衆アイドルにとってのチームワークやイチャイチャ、わちゃわちゃ感と同様もしくはそれ以上に、集団として発揮する力という企業組織の強み、それこそが超優良企業への道となるのです。
ということで、BtoB業態の中小企業の経営者層が超優良企業に認定されるようなキャッシュフロー計算書のコンテンツを数多くご提供していこうと思います。

あ、集団として発揮する力といえば、例としてあげやすいのは高校野球ですよね。
四球・送りバント・送りバント・ボテボテゴロ内野安打で1点先制、それでいいのです。
セイバーメトリクス上ではノーアウト1塁で送りバントしても得点に結びつく可能性は強攻策より低い、なので2番に強打者を置けとメジャーでは言われていますが、そんなこと気にしない。

日本には日本の野球ってものがあるのと同様、企業組織のやり方も千差万別、集団として力が発揮できれば方法は問われません。
だって、人様と同じやり方しても正しいとは限らないわけですしね。そしてゆいゆい、ガチ恋口上を言いに劇場公演当てますよ!言いたいことがあるんだよ、やっぱりゆいゆいはかわいいよ、好き好き大好きやっぱ好き、です。

、まず売上を確保して、それから様々な施策を打って出るためにも、キャッシュフローを把握していきましょう。
そしてせいちゃん、32キロマラソン完遂を祈願しております。
来年は垂直落下しないこともお祈りしつつ、一票入れちゃいますよ。大好きです。



2.今回のテーマは?


それでは、本題のコンテンツについてです。
財務会計第14回目のテーマは、「財務諸表から読み取ろう!(3)キャッシュフロー計算書③」です。 シリーズものとして、年内はキャッシュフロー計算書にお付き合いくださいませ。
正確には、キャッシュフロー計算書から読み取れる経営状態について、ですね。

すぐ使えるお金があるかないか、把握するのは大事ですからね。きっとこの後はキャッシュフロー経営のことも・・・って気が早いか。
来年のことを今から話すと鬼が笑いますし、そもそも来年も頑張れるかなと不安なネタ切れ可能性大。目指せ連載50回、一周年記念をば。

中小企業診断士的財務会計としては、改めていいますと簿記的財務会計と違って、キャッシュフロー計算書を作れることはあまり重視せず、キャッシュフロー計算書で経営状態が分かることを重視します。
で、改めて宣言しますと、キャッシュフロー計算書の作成方法は説明しません。

具体的に言ってしまえば、公認会計士や税理士といった財務会計の専門家に作成はお任せするとして、と。
実は中小企業診断士試験でも、5年に1回くらいキャッシュフロー計算書の作成が出題されるんですけどね2次試験財務会計で。
まぁ書き方を覚えておけば複雑な計算はいらないですし、それよりもフリーキャッシュフローの求め方を覚えるのが大事なので、はい。

この連載はあくまでも、財務諸表のフリーキャッシュフロー計算書から読み取れる数字により、自社の経営状態を把握する、いわゆる経営分析に必要なパターンの説明となります。

はい。
「財務諸表から読み取ろう!(3)キャッシュフロー計算書」で説明する経営状態は8パターンとなります。

キャッシュフロー計算書
で、(3)キャッシュフロー計算書③として、優良企業型についてお話できればと思います。
8パターンのうち赤枠の部分ですね。
その構成要素である、キャッシュフロー計算書における、営業活動によるキャッシュフロー(以下、営業キャッシュフロー)、投資活動によるキャッシュフロー(以下、投資キャッシュフロー)、財務活動によるキャッシュフロー(以下、財務キャッシュフロー)を使って説明しますよ。


3.優良企業型とは?


優良企業型とは、その名の通り優良な形です。キャッシュフローの理想的な形ですね。
キャッシュ=お金なので、お金をちゃんと儲けていて、投資や借入金返済をしっかり行っていることになります。

1. 本業でのキャッシュの流れを示す営業キャッシュフロー:プラス
2. 企業の成長に必要な投資に関連する購入・売却によって生じたキャッシュの流れを示す投資キャッシュフロー:マイナス
3. 銀行などの金融機関からの資金調達や発行での配当金支払などのキャッシュの流れを示す財務キャッシュフロー:マイナス

これはどういうことかというと、それぞれ、
1. 本業で十分なキャッシュを生み出していて、
2. その分で未来への投資を行い、
3. 借入金の返済もできている。

と解釈されます。与信管理において特に問題のない、優良企業となります。

儲けの範囲内で無理のない投資や返済が行えているよ、そして儲けも多いよキャッシュが不足することもなさそうだよ、なので優良企業となる、ですね。

赤枠見ると、営業のプラスが投資と財務のマイナスを大きく上回っていますものね。
とはいえ、いずれにしても営業・投資・財務キャッシュフローそれぞれが連動しているため、総合的に判断することが重要となってきます。
ちなみに例であげている企業のキャッシュフローは、この優良企業型です。素晴らしい。


キャッシュフロー計算書

4.では、優良企業型になるためには?どうすればいい?


どうすればいい?となると、これはやはり、3つのキャッシュフローのバランスを整えていくしかありませんね。

つまり、

・営業キャッシュフローをプラスにする
・投資キャッシュフローをマイナスにする
・財務キャッシュフローをマイナスにする

そうすると、自ずと企業が自由に使えるお金である、フリーキャッシュフローもプラスとなります。
はい、フリーキャッシュフローの計算方法はキャッシュフロー計算書上ではとてもシンプルでしたね。

フリーキャッシュフロー=営業キャッシュフロー+投資キャッシュフロー

そう。
いきなり理想型から入ってしまったので、どうやれば理想型になるの?の施策やその道しるべを考えるのは次回以降として、理想型にしないと色々困るんだよ、ということをここでは強調しておきたいな、と。

何が困るのかというと、中長期的にはもちろん経営に困りますが、直近だと金融機関に融資を受ける際に説明が面倒くさくなる、です。
融資担当者の容赦ないツッコミに耐えるプレイを強いられます。おれたちは、強いられているんだ!とはEGEの名台詞ですが。ふがふが。

なので、おのおののキャッシュフローの増減方法は次回以降に改めてするとして、今はとにもかくにも営業キャッシュフローを増やすために本業でバリバリ稼いでくださいね。
応援しています!

というわけで、本業の成長のためにも一度、経営力向上計画を作成しませんか?と診断士っぽいお誘いをしつつ、新事業を始めるなら経営革新計画がオススメ!と診断士っぽい推薦もしつつ、でも書類作成代行のみはやりたくないんだわたくしと自己否定で締めて、次回もキャッシュフロー計算書の8つのパターンを順次ご説明しようと思います。
ここまでお読み頂き、誠にありがとう御座いました。


5.終わりの雑談


それはそうと、G1ウィークの中休みと思っていたらJBC3レースあり、4重賞ありの3日開催でなんと豪華7重賞もありましたね!嬉しい悲鳴ですがお金が持たなくて本当の悲鳴をみやこSではあげていました。
2着抜けた・・・無念。

とまぁ、重賞やG1が複数襲ってくるのはとても楽しくもあり、懐が寂しくもなり。当たらないのが悪い、当たったものが正義とはよくいうもので、いずれにせよ馬券は当てないとですねぇ当たらないけど。
特にJBC3競走は難解でしたわ、レディースクラシックなんてどうやっても3連単当たりませんがなアレ。
地方馬が優勝するのは嬉しかったですが、3着の地方馬はどうやれば買えるの・・・?とまぁその難しさもまた地方競馬場だからこそといったところでしょう。地の利は競馬でも大きいのです。

野球やサッカーよりも遙かに大きい、馬場の構造上のアシストが大きいので採点競技以上ですね。
来年のJBCは京都競馬場開催で、その煽りを受けてみやこSが休止となるようですが、地方馬も時計的な限界を感じないような馬場になっているといいな、と思います。
京都競馬場は雨が降って不良馬場なんかになると、馬場差が地方競馬場とは10秒近く速くなる異次元競馬になりますからね。

どんな馬場でも強い馬は勝つ、というキタサンブラック的な名馬は数年に1頭なので、1年先のことではありますがお天気をお祈りしています。
ちなみに馬券はJBC全滅。

前述の通りレディースクラシックは当たる要素ないとしても、スプリントとクラシックは当てたかったなぁ。
コパノリッキーはスプリント戦でも強いなぁというレースぶりでしたが、あれを観ちゃうと次走のキャンピオンズCは距離持たなそうだなぁ。
かたやクラシックはアウォーディーが直線伸びずという衝撃。

年齢的にそろそろ厳しくなったのか、ドバイ遠征の影響がまだあるのか、判断は難しいですが一昔前よりも惨敗からの復活があり得るダート界なのでまだまだ見限るわけには、なのかなぁ判断難しいなぁアロゲートもBCで惨敗していたし。
うーむ、アポロケンタッキー同様悩ましいわぁ。致し方なし。




関連記事

キャッシュフロー計算書①

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書 シリーズ第1弾

キャッシュフロー計算書②

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書 シリーズ第2弾

キャッシュフロー計算書④

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書 シリーズ第4弾

キャッシュフロー計算書⑤

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書 シリーズ第5弾

キャッシュフロー計算書⑥

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書 シリーズ第6弾

キャッシュフロー計算書⑦

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書 シリーズ第7弾

キャッシュフロー計算書⑧

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書 シリーズ第8弾

導入をお考えの方へ