財務レバレッジ

FVCプランナー Enterprise Resource Planning





財務会計 財務諸表から読み取ろう!(3)キャッシュフロー計算書②

執筆者 森田昇 あさみコンサルティング 代表  森田 昇
中小企業診断士、情報セキュリティスペシャリスト。
長年のシステムエンジニアとしてのITキャリアと、数多くの転職経験を強みに
IT経営・人事コンサルティング業務や研修講師独立。
趣味はプロレス、競馬、AKBグループの生観戦。

1.優良企業になりましょう

キャッシュフロー

はい!
「IT目線で企業改革」を標榜する中小企業診断士、You say~(せいちゃん~)、もっともっと!(せいちゃん~)・森田昇です。

はい、せいちゃんです。15期生の左上ちゃんと呼ばれていたのは今は昔、現在は立派な32位様へと成長を遂げた本体の次世代を担う上昇株、安心安全の王道アイドル候補のメンバーですね。
まだ世間には知られていませんが、キツネ顔もかわいくスタイルも良し、とうまく成長した彼女、このまま順調に経験値を積み上げていってほしいですよね。
もともと同期の中でまったく目立っていなかった彼女ですが、地道な努力が実を結びつつあるのは喜ばしい限りです。
まさか圏外から32位まで一気にジャンプアップするとはなぁ。名前を呼ばれたときは声が出ましたよ、歓喜の声が。

それからも変わらず努力を続けているせいちゃん、きっと来年は更なるジャイアントキリングをやってくれるでしょう!乞うご期待!んんんんんせいちゃ~んっ、と思わず呼んでしまう衝動。

とはいえ、どこぞのビットコインや希望の党の結成から総選挙までの流れのように動きが激しすぎますからね、アイドル界というのは。
その中でも、横道裏道ショートカットを考えずに、愚直に努力をし続けるメンバーが最後は勝つと思うのですよ、わたくし。王道に勝るものなし。邪道も覇道も王道から。
6度目の引退を果たした大仁田厚だって全日本プロレス出身者ですからね。
分野は異なれ企業組織にとっても、アイドルにとってのレッスンや劇場と同様もしくはそれ以上に、営業回りでの名刺交換といった地道な努力が優良企業への道となるのです。

ということで、BtoB業態の中小企業の経営者層が優良企業に認定されるようなキャッシュフロー計算書のコンテンツを数多くご提供していこうと思います。あ、優良企業といえば、売上よりも組織や人材活用、雇用促進面にあるのでは?と思われがちですけど、それって売上がないとそもそも評価されないことですから。
企業組織の存在意義とは、言ってしまえば存在し続けることです。
倒産せずに存続するからこそ、従業員の待遇も改善されるわけです。夜逃げしてしまってはそもそも雇用を守れませんからね。

ですので、まず売上を確保して、それから様々な施策を打って出るためにも、キャッシュフローを把握していきましょう。そしてせいちゃん、32キロマラソン完遂を祈願しております。来年は垂直落下しないこともお祈りしつつ、一票入れちゃいますよ。大好きです。



2.今回のテーマは?


それでは、本題のコンテンツについてです。
財務会計第13回目のテーマは、「財務諸表から読み取ろう!(3)キャッシュフロー計算書②」です。

シリーズものとして、しばらくキャッシュフロー計算書にお付き合いくださいませ。正確には、キャッシュフロー計算書から読み取れる経営状態について、ですね。全9回で終わる予定ですが、もしかしたら番外編も入るかもしれません。

で、改めて宣言しますと、キャッシュフロー計算書の作成方法は説明しません。
そもそも経営者たるもの、貸借対照表や損益計算書もそうですが、財務諸表は読めればいいのです。作り方は顧問税理士や公認会計士が知っていれば大丈夫です。
そもそもこの連載はわたくし中小企業診断士の森田が書いているということで、キャッシュフロー計算書の読み方も中小企業診断士的なものとなります。

もっと具体的に言ってしまえば、中小企業診断士の受験対策で覚えた、実務でも使える読み方の説明となります。

なので、公認会計士や税理士といった財務会計の専門家からの詳細なツッコミは勘弁して下さい、と毎度のように予防線を張っておきますよっと。あくまでも、財務諸表からから読み取れる数字から経営状態を把握する、いわゆる経営分析に必要なパターンの説明となります。
はい。 「財務諸表から読み取ろう!(3)キャッシュフロー計算書」で説明する経営状態は8パターンとなります。
キャッシュフロー計算書
で、(3)キャッシュフロー計算書②として、優良企業型についてお話できれば…と思っていたのですが、それは次回に回すとして、まずは8パターンの構成要素である、キャッシュフロー計算書における、営業活動によるキャッシュフロー(以下、営業キャッシュフロー)、投資活動によるキャッシュフロー(以下、投資キャッシュフロー)、財務活動によるキャッシュフロー(以下、財務キャッシュフロー)についてお話します。


3.営業・投資・財務キャッシュフローとは?


キャッシュ=お金、そう言い換えてもらえるといいかもしれません。なので、キャッシュフロー=お金の流れ、ですね。はい。では個別に説明します。
営業キャッシュフローは、本業でのキャッシュの流れを示しており、企業がキャッシュを生み出す能力です。
プラスであれば本業でお金を生み出せているねと高評価に、マイナスの場合は本業でお金を生み出せていない、むしろこのまま本業やっていると損するまずいよで低評価に、それぞれなりがちです。
なので、与信管理上、マイナスの場合はその内容の吟味が重要となってきます。ゆえに、かなりのプラスであることを推奨。
ちなみに営業キャッシュフローの表示方法は、詳細な直接法と簡易的な間接法の2種類ありますが、実務上では間接法が多く利用されているため、この連載では間接法を前提とします。例であげているキャッシュフロー計算書も間接法で記載されています。

まぁ直説法でも間接法でも結果的に小計は同じ数値となりますのでご安心を。

次に投資キャッシュフローとは、固定資産といった企業の成長に必要な投資に関連する購入・売却によって生じたキャッシュの流れです。
プラスであれば設備投資よりも資金繰りなどで売却した資産の方がキャッシュになっているよという低評価に、マイナスの場合は設備投資をしっかりやっているからキャッシュが出ているんだねと高評価に、それぞれなりがちです。

なので、与信管理上、マイナスの場合は負担とならない範囲内での投資額だよね?の確認が、プラスの場合はなぜ資産を売却したの?売ったお金は何に使うの?を突っ込まれます。ゆえに、無理のない範囲でのマイナスであることを推奨。
最後に財務キャッシュフローとは、銀行などの金融機関からの資金調達や発行での配当金支払などのキャッシュの流れです。
プラスであれば金融機関からの借入や社債発行などで資金調達しているケースが多いので低評価に、マイナスの場合は金融機関からの借入金の返済、社債の償還が進んでいるケースが多いので高評価に、それぞれなりがちです。

なので、与信管理上、マイナスの場合は負担とならないキャッシュの範囲で捻出されているよね?の確認が、プラスの場合はなぜ借入したの?借り入れたお金は何に使うの?を突っ込まれます。ゆえに、無理のない範囲でのマイナスであることを推奨。
いずれにしても営業・投資・財務キャッシュフローそれぞれが連動しているため、総合的に判断することが重要となってきます。

ちなみに例であげている企業のキャッシュフローはとても良いです。
さすがニコニコ現金払いを想定したキャッシュフロー経営を標榜している企業だなぁと感心です。


キャッシュフロー計算書

4.フリーキャッシュフローというのもあり、これが一番大事かも


キャッシュフロー計算書に記載されている、営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローの説明をしましたが、実はそれよりも大事なものがあります。
それが、フリーキャッシュフロー。
これって何なのかというとですね、企業が自由に使えるお金のことです。いわゆる余剰資金ですね。
どんなことにでも使っていい、自由になっているキャッシュのことなので適度なプラスであることを推奨。
その計算方法はキャッシュフロー計算書上ではとてもシンプル。

フリーキャッシュフロー=営業キャッシュフロー+投資キャッシュフロー

そう。
与信管理上、マイナスの場合は手元にお金がないことを意味するので、資金を確保するために金融機関からの借入が必要などで負債が増加することが目に見えているので、注意が必要です。
とはいえ、事業の必要性に応じた大きな投資の結果だとしたら、それは問題にはならないですね。

だって今後、キャッシュが増える見込みってことですから。
また、逆にプラスになっていても、あまりに突出したプラスですと、投資に消極的なんだなと思われる可能性があり、成長性が低いと捉えられることもあります。

ゆえに、プラスであれマイナスであれ、適度にってことですね。

とまぁ、フリーキャッシュフローもいってしまえば、他のキャッシュフローの数値と同様、適度な、いい塩梅の、適当な、それっぽい数値であることが求められます。
そうでない場合は、なぜそうでないのか、主に金融機関に融資を受ける際に説明する必要が出てきます。
融資担当者のツッコミに耐えるプレイです。

なので、企業組織にとって、財務諸表から読み取れる数字から経営状態を把握することは重要な経営課題のひとつと考えなければなりません。
特に、毎月末に顧問税理士に作成してもらい、手元に届くのは翌月末、とかですと最長2ヶ月間、自社の経営状態を把握できないこととなります。
手元のキャッシュで十分ですよ、といったキャッシュフロー経営が実現できているならともかく、勘と経験の経営から脱却するためにも、自社の経営状態を常に知ることは、企業や組織にとっての社会的使命でもあります。

とまぁ、再度のお願いとなりますが、

資金繰り表を作ろう!

を、よろしくお願いいたします。
少なくとも入出金のタイミングを数か月先まで把握することを習慣化して、それから次回以降のキャッシュフロー計算書の状態による分析方法を身につけて頂ければと思います。

というわけで、各キャッシュフローの説明で1回使ってやったぜとしてやったりな表情を浮かべつつ、次回から全8パターンを細切れで説明すればちょうど年明けだ!というスケジュール感に我ながら自画自賛しつつ、次回からキャッシュフロー計算書の8つのパターンをご説明しようと思います。
ここまでお読み頂き、誠にありがとう御座いました。


5.終わりの雑談


それはそうと、菊花賞に続いて天皇賞(秋)まで不良馬場でしたね。なんでも26年ぶりの不良馬場での天皇賞(秋)だったとか。当時の勝ち馬はプレクラスニーか…メジロマックイーンぶっちぎりで1着→18着降着事件の年ですね。
その後のジャパンカップでは切れ負け、有馬記念では何とびっくりダイユウサクな、メジロマックイーンにとって踏んだり蹴ったりな下半期でした。で、鞍上の武豊もリズムを崩して、この年は100勝できなかったんですよね。
そんな不良馬場の因縁を今年でやり返した、みたいにも捉えられますが、いやもうキタサンブラック強いわぁ武豊すごいわぁと大絶賛です。
多分、この先死ぬまで見られない様なぐちゃぐちゃ田んぼ馬場の中、出遅れていつもの競馬もできなかったのに勝つのですから、いやはや。
返す返すも凱旋門賞連れてって欲しかったなぁ2着のサトノクラウンとともに。
道悪適正とスタミナ、あれくらいないと厳しいと思うのですよね、凱旋門賞。

それにしても例年の天皇賞(秋)よりも10秒以上かかっている勝ち時計、前週の菊花賞もですけど、もう二度と見られない馬場状態でのG1だと思います。とにもかくにも、全馬無事に完走お疲れさまでした。
中山グランドジャンプを観ているような感覚でしたよレース中。
この後も、みんな無事に、何事もなく次走を迎えられるといいな、と思います。
あと台風2週連続は本当に勘弁してください。秋の東京競馬開幕から3週連続で週末だけ雨ってどういうこっちゃ。

ちなみに馬券はボックス買いで的中もガミり。
あの馬場状態で道悪適正のみで勝ち負けっていうレースが朝から続いていたので、大金かけずに様子見な馬券でしたが、人気馬同士の決着でしたね。レインボーラインが2着だったらなぁ。
泥んこ&内を通れない&されど外へ進路を取ったもの負けな馬場に刻一刻と変貌していく様はとても楽しかったです。
場内あまりにも寒くて、内馬場のビールフェスタの売り子が可哀想でしたので、きりたんぽ鍋と一緒にビール買って飲んでみましたが、寒くて早々に退散。案の定、次の日体調崩しましたが、それも覚悟の上での台風直撃中のレース観戦ですものね。致し方なし。




関連記事

キャッシュフロー計算書①

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書 シリーズ第1弾

導入をお考えの方へ