お問い合わせフォームと得意先マスタを自動DB連携

FVCプランナー Enterprise Resource Planning





お問い合わせフォームと得意先マスタを自動DB連携

執筆者 黒川貴弘 黒川 貴弘
合同会社フロントビジョンコンサルティング 業務執行役員
神奈川大学非常勤講師、千葉商科大学非常勤講師、LEC東京リーガルマインド講師
中小企業診断士

FVCプランナーは、クラウド型のシステムでありながら企業ごとに独自の拡張開発が可能です。
その例をご紹介します。



今回はホームページのお問い合わせフォームとの連動です。
多くの企業ではホームページにお問い合わせフォームを設置しているかと思います。
以下のようなやつですね。


お問い合わせフォームのイメージ

通常は、お問い合わせフォームから問い合わせが来ると、
自動的にメールが配信されるような仕組みになっているかと思います。

お問い合わせいただいたお客様を見込顧客として管理して、
営業対象としていきたい場合も多くあると思います。


その際に、エクセルで編集し直してリスト化するなど結構めんどうですよね。


それであれば、一発でデータベースに蓄積される仕組みを構築するのがベストです。

見込顧客としての保存が自動でされ、リスト化も簡単です。


さらには、受注された後の得意先マスタへの登録も不要です。
すでに自動登録されているので見込顧客の分類を得意先に変えるだけですね。


以下のように勝手にマスタ化されてシステム上で閲覧可能です。


お問い合わせフォームからデータベース連動結果

自動顧客登録

リスト化も自動

簡単にできますので、是非お試しください。





関連記事

顧客サポート徹底のためのシリアル番号管理

顧客サポート徹底のためのシリアル番号管理

顧客ごとのシリアル商品管理の徹底による効果は大きいものがあります。

導入をお考えの方へ