財務諸表・会計分析について

FVCプランナー Enterprise Resource Planning





財務会計 財務諸表から読み取ろう!(1)損益計算書・貸借対照表①

執筆者 森田昇 あさみコンサルティング 代表  森田 昇
中小企業診断士、情報セキュリティスペシャリスト。
長年のシステムエンジニアとしてのITキャリアと、数多くの転職経験を強みに
IT経営・人事コンサルティング業務や研修講師独立。
趣味はプロレス、競馬、AKBグループの生観戦。

1.経営のど真ん中へ

財務会計

はい!
「IT目線で企業改革」を標榜する中小企業診断士、1234ご一緒に、6789じゅーりーなー!・森田昇です。

はい、じゅりなです。
名古屋は栄にあるSKEの象徴、姉妹グループの顔の一人ですね。
上位の壁が厚すぎてTOP3に留まっていますが、まだまだ野心に溢れた20歳、上位がごそっと抜ける来年はチャンス!前途は明るいですね。
あの隙のない客対応とアドリブのききっぷり、本当に素晴らしいです。
握手会の列がグループで一人違いますからね、全国握手会だと心が折れるレーンの長さ、まさにSKEのど真ん中。

そうそう、ど真ん中といえばWJ、週刊少年ジャンプではなくワールドジャパンプロレスリングの略称なのは皆様ご存知だと思いますが、旗揚げ前に資本金2億円用意しただの、忘年会での高級メロン持ち帰りに一番金かけただの、お金に関する話題が尽きない団体でしたね。
なのに旗揚げ後はあっという間に活動停止へと追い込まれた様は、まさに逆方向のど真ん中、X-1でした。
つまり、どの企業組織も資金繰りが経営のど真ん中、と言えると思うのですよ。
そして資金繰りに大切なのは、企業組織の現在の経営状態を知ること、現状を数字で知ることなのです。

ということで、BtoB業態の中小企業の経営者層に経営のど真ん中を歩んで頂くべく、今回から財務会計についてのコンテンツを数多くご提供していこうと思います。
あ、ど真ん中といえばWJもですが、革命戦士と共に長州力のキャッチフレーズでもありますね。
1980年代からプロレス年表に則って過去ビデオを漁ったプロレスファンですけど、アントニオ猪木から長州力、藤波辰爾という闘魂三銃士以前のプロレス熱も相当でした。
蔵前国技館が暴動で燃えたりしましたからねぇ。そしてじゅりなのプロレス熱もすごい!豆腐プロレス良かったよ!
後楽園行きたかったけどチケット当たらなかったよ…望む2期。あぁ、握手会でじゅりなとプロレスネタで会話したい。



2.今回のテーマは?

それでは、本題のコンテンツについてです。
財務会計第1回目のテーマは、「財務諸表から読み取ろう!(1)損益計算書・貸借対照表①」です。

財務会計とは、株主、債権者、投資家などの企業外部の利害関係者に対する会計情報の提供を目的として営まれる会計のことです。
企業内部の会計である管理会計とは違いますね。

で、企業外部の利害関係者に対して営業活動の成果を開示(アカウンタビリティ)すると同時に、利害関係者間の利害を調整するために営まれるもの、でもあります。

ううむ、ちょっと固い言い回しなので、柔らかい言い方で。

ええと。
つまりは、企業の成績表ですね。
外部の人に見せるためのものなので、決まったルールに則って作成する必要があります。

会社法や金融商品取引法といった法律にありますけど、ざっくり言ってしまうと、下記3つの財務諸表であなたのすべてを開示し・て・ねっ、です。

・貸借対照表
・損益計算書
・キャッシュフロー計算書

で、この連載では、貸借対照表と損益計算書から読み取れる経営指標と、その分析方法について説明していこうと思います。
あ、キャッシュフロー計算書は取り敢えず保留で。別個説明するかもしれない予定。
それと株主資本等変動計算書は除外で。資本の変動ってなかなかないですし、中小企業ですと事業承継くらいですかね。


3.貸借対照表と損益計算書とは?


これはもう説明不要だと思うので、一個一個の仕訳項目の説明と共に割愛しますが、貸借対照表と損益計算書、いったいどちらが重要なのか、皆様ご存知でしょうか?

はい!
もちろん、どちらも重要ですね。卵も鶏も大事です。金の愛も銀の愛も必要です。
猪木と馬場、ハンセンとブロディ、長州と藤波のような関係です。どちらかが欠けてはいけません。

用途的には、企業組織の財政状態を確認したいときは貸借対照表を、経営成績を確認したいときは損益計算書を見ますね。
なので、経営者の方々が真っ先に確認したいのは経営成績ですから、きっと損益計算書を見ると思いますが、どっこい企業組織を安全性や効率性、収益性などの観点から評価する上で重要なのは貸借対照表ですから、過去の経営成績から事業方針を決定したり、ミライを予見したりするには両方がとても重要、ということです。

言うなれば、貸借対照表や損益計算書は、過去の経営成績を表すものだけでなく、企業組織のミライを、いわゆる事業計画を構築するのに必要なものなのです。


貸借対照表
損益計算書

4.では、その読み取り方法は?の前に


貸借対照表と損益計算書、それとキャッシュフロー計算書もですが、これらは全世界共通のルールによって作成されています。
そう、簿記って全世界共通言語なのよ、だからTOEICもいいけど簿記講座も申し込もうぜ!と大学のガイダンスで放談していますが、この連載では簿記の領域である財務諸表の作成方法は説明しません。
だって作成は顧問税理士にお任せ、という方が多いと思いますし、その方が正確ですからね正直な話。それは専門家に任せておけばいい、と思っています。

が、注意点が一つ。
そう。
企業組織にとって、財務諸表から読み取れる数字から経営状態を把握することは重要な経営課題のひとつと考えなければなりません。
特に、毎月末に顧問税理士に作成してもらい、手元に届くのは翌月末、とかですと最長2ヶ月間、自社の経営状態を把握できないこととなります。
手元のキャッシュ頼りなニコニコ現金経営ならともかく、勘と経験の経営から脱却するためにも、自社の経営状態を常に知ることは、企業や組織にとっての社会的使命でもあります。

はい。
企業組織は存続しなければいけない使命を持っていますからね。そのための財務会計でもあるのです。
社会的責務=経営の王道=情報セキュリティ=対策必須
社会的使命=経営のど真ん中=財務会計=把握必須
と考えられると思うのです。
情報セキュリティとも一緒にしちゃいましたが、ちょっと苦しい?

一番いいのは、弥生会計だのFreeeだの、もちろん我らがFVCプランナーを経営者の方々が直に入力して、仕訳単位から積み重ねた経営状態を常に確認・把握できる状態にしていることですが、そんな時間と労力をかける暇、ハッキリ言って経営者の方々にはありません。

個人事業主の方々だって自分で入力するの、めんどいですものね。経理の人を雇いたくなるのですよ。
なので、取り敢えず、

財務諸表を毎月確認する!

ことをお願いいたします。
少なくとも毎月、自社の経営状態を把握することを習慣化して、それから次回以降の経営指標とその分析方法を身につけて頂ければと思います。
というわけで、いよいよ財務会計だ!やってやるぜ!と気合いを入れつつ、次回からどの指標から説明しようかしら?やっぱ安全性?と順番に悩みつつ、次回も引き続き皆様に中小企業診断士的財務会計の世界を堪能して頂こうと思います。

ここまでお読み頂き、誠にありがとう御座いました。


5.終わりの雑談


それはそうと、ついに募集が始まりましたねDMMバヌーシー。
馬主じゃないよ、バヌーシーだよ!と。先月のセレクトセールで、DMM?
なんであの成人男子の味方なDMM.comが参加してるんだ?と話題になりましたからね、しかも億超えの超良血馬を複数購入するなどセリでも目立っていましたし。
元値一万円から始められる一口馬主のアプリ運営みたいですけど、競馬ファンとしては成功して貰いたいですねぇ。

実際の馬主は夢ですが年収や資産の基準が超富裕層向けですし、既存の一口馬主も結構金額かかりますからね。
安い元値で参加できるのなら大歓迎、バラエティーに富んだラインナップとアプリならではのリアルタイムかつ膨大な情報配信策を期待しています。

一口馬主ってほら、情報量少ないと悲しくなりますから…愛馬の成長過程だけでなく、陣営のコメントや調教の様子、はたまた番組選びの馬主投票とかもあるといいなぁ。
入ろうか考え中ですけど、昨今は一口馬主の馬が活躍している下地もありますから、キャロットファームやサンデー、社台みたいに海外遠征もやる気あるぜ!となるといいなと思い。
今年ですとキャロットファームのエピカリスのアメリカ遠征には心ときめきましたし。

ちなみに馬券はエピカリスから馬群に閉じ込められました。
ううむ、王者の競馬で外々周っても楽勝すると思ったのですが、やはり海外遠征帰りは騎手も陣営も慎重になる、ですかね。
ああも見事に埋まると、よく3着に来たなぁ力あるなぁと妙に冷めた目で感心しちゃいましたよ。

まぁ1、2着馬を買ってないからどうしようもなかったですけどね、秋に期待ということで。致し方なし。




関連記事

損益計算書・貸借対照表②

損益計算書・貸借対照表②

財務会計 財務諸表から読み取ろう!シリーズ第2弾

損益計算書・貸借対照表③

損益計算書・貸借対照表③

財務会計 財務諸表から読み取ろう!シリーズ第3弾

損益計算書・貸借対照表④

損益計算書・貸借対照表④

財務会計 財務諸表から読み取ろう!シリーズ第4弾

損益計算書・貸借対照表⑤

損益計算書・貸借対照表⑤

財務会計 財務諸表から読み取ろう!シリーズ第5弾

導入をお考えの方へ