会計自動登録について

FVCプランナーでは、販売における商流や購買における商流、経費精算などにおいての入力値を使って、会計データが自動登録されます。

 

以下のように自動登録されますので、複式簿記の専門知識は不要です。

カスタマイズで自動登録される勘定を変更することが可能です。

 

1.販売について

BtoB取引において、

出庫確認時に「売上」が計上されます。

請求書登録時に「売掛金」が計上されます。

入金決済時に売掛金が消し込まれ「現金・預金」が計上されます。

 

BtoC取引において、

受注時に「現金・預金」と「売上」が計上されます。

 

2.購買発注において

入庫転記時に「仕入」または「外注費」勘定が計上されます。

同時に「買掛金」勘定が計上されます。

出金決済時に買掛金が消し込まれ、「現金・預金」勘定から金額がマイナスされます。

 

3.経費精算において

経費申請で選ばれた勘定で会計データが登録されます。

「交通費」を選べば「交通費」勘定で会計データが登録されます。

 

同時に立替払いであれば「未払金」勘定が使われます。

 

この「未払金」は経費精算で消し込むことが可能です。

在庫管理について

品目マスタにてその品目を在庫管理するかしないかを設定します。

 

在庫管理することで、在庫数量がリアルタイムで把握できます。

また、在庫が存在しない状態でその商品を出庫することはできません。

 

実態に近いチェックがシステム上で実現可能となります。

 

invent

まず、品目の設定についてです。

品目タイプによって在庫管理するかしないかの設定が変わります。

品目タイプはカスタマイズメニューから内容を変更可能です。

以下のように在庫管理フラグが「可能」になっている際には在庫管理が実施されます。

invent2

品目タイプが在庫管理する場合でも、例外的に特定の品目のみ在庫管理させないことも可能です。

それは品目マスタの個別設定になります。

invent3

デフォルトでは、「品目タイプに従う」となっていますが、
ここを変更することで個別品目ごとに設定を変えられます。

在庫管理する場合に、その商品を出荷したい際には事前に入庫処理が必要です。

購買発注で商品を仕入れておくことで、出荷指示が可能となります。

また、商品を仕入れていても個数が足りない際には出荷指示でエラーとなりますので注意です。

購買管理の中の在庫一覧などで現在の在庫の状態が確認できます。

在庫の評価方法は設定で変えられます。
1.先入先出法
2.移動平均法
3.総平均法
4.売価還元法

があります。

基本情報設定の会社情報設定から選べます。

購買仕入の流れ

FVCプランナーが想定している購買・仕入の流れです。

 

①発注依頼時

商品を仕入れる場合や外注をお願いする場合に、相手に発注した場合です。

FVCプランナーには購買発注伝票を登録できます。

購買発注伝票を登録すると、発注書を出力することができます。

 

②納入時・受入時

仕入れた商品が自社倉庫に入庫した際や、外注で頼んでいた仕事が完了した際に、明確に入庫日付を入力し、購買発注を完了させます。

この時点で、会計上、仕入もしくは外注費の勘定が登録されます。

さらに同時に買掛金勘定が登録されます。

 

③支払い時

仕入業者や外注先企業に代金を支払った時点です。

ここで出金決済を行い、②の買掛金を消し込んで、現金・預金からの出金を登録します。

会計登録は自動で行われます。

販売の流れ

FVCプランナーが想定している販売の流れです。

 

大きく分けると2パターンになります。

BtoBなどの信用取引がベースになるパターンと、

BtoCの現金取引がベースになるパターンです。

 

1.BtoBパターン

①受注前活動(見積・引合)

見込顧客に対して見積書の作成などの営業活動をしている段階です。

この時点でFVCプランナーに見積伝票を登録し、見積書の発行をすることが可能です。

 

②受注確定

相手企業から受注の打診が来た段階です。

見積伝票を①で作成済みであれば、そのデータを引き継いで伝票作成できるため効率的です。

①の作成がなければ受注伝票を最初から作成します。

 

③出荷準備完了時

物販であれば、製品の製造の完了、商品の手配完了、などにより自社倉庫から出荷指示を出せます。

サービス業であれば役務提供者に対しての現場への出動指示などが出せます。

これらを出荷指示伝票として登録可能です。

②の受注内容を引き継いで登録できますので、効率的です。

また、この時点で納品書・受領書の発行が可能です。

梱包している商品に同封することができます。

 

④出庫完了時

出荷指示に対して出庫完了を登録できます。

現在の日本の会計基準では出庫完了時が売上計上のタイミングとなります。

そのためFVCプランナーでは明確に出庫完了の際に日付入力を求めています。

出庫完了を登録することで、自動的に売上の会計仕訳が登録されます。

 

⑤請求時

得意先ごとの締日のタイミングで請求書を発行します。

請求データは④の出庫完了した中から作成されます。

同じ得意先の中で、月中の複数の請求を1つにまとめることも可能です。

請求伝票発行のタイミングで、売掛金勘定が会計に自動登録されます。

 

⑥入金時

得意先から自社の銀行口座などに入金があった場合です。

入金決済として⑤で作成された売掛金を消し込み、現金・預金勘定に振り替える仕訳が会計で自動登録されます。

 

2.BtoCパターン

①受注時

現金取引となるため、受注=売上計上=現金入金となります。

そのため受注時点ですべての取引が完了します。